社会とサブカル コラムノート

社会哲学と生命倫理を軸に、社会批評とサブカルチャーコラムをただ思うがままに書きたいです。

政治

フジテレビの石田純一特集を見ての雑感~芸能人の政治活動の自由について~

8月10日になんとなく「バイキング」を見ていて、今週の石田純一をやっていた。この特集を水曜日に、3週にわたりやっているそうだ。 正直内容については、流し見をしていて覚えていないが、東尾理子をゲストに呼び、石田純一のブログをひな壇の芸能人たちがあ…

都知事選挙に関する雑感③社会学業界の衰退

今回の都知事選挙で、社会学者とりわけジェンダー論やフェミニズムを専門とする論者の劣化を感じた。 社会学業界の劣化について、学生時代に、宮台門下生の社会学者とよく話し合っていたが、私とその社会学者のジェンダーやフェミニストを専門とする人たちが…

都知事選挙に関する雑感②増田寛也と鳥越俊太郎編

前回、都知事選挙に関する雑感で小池百合子のことを書いたが、選挙が終わって4日経つが、シリーズを書いておきたい。」 増田寛也 岩手県都知事を3年間勤め、「地方消滅」(中央新書)を書いた人である。選挙では、実務家として評価されつつ、知名度がなく、…

都知事選挙に関する雑感①小池百合子編

私は東京都民ではないので、今回の選挙に関する雑感を述べたい。正直に誰がなった微妙な候補者だった。 これからどうなるかを考えると、想像つかないが、少なくても4年間、東京都知事の座を維持してほしい。今回当選した小池百合子は、自民党でのいくつかの…

政治がアニメを利用することについて―作られるイメージと偏見―

昨日、セッション22を聞いていて、荻上チキさんが取材のためピンチヒッターに武田砂鉄さんのオープニングトークで、「日本の美」総合プロジェクト懇談会の話をしていて、そのホームページを見てみた。内容は、日本賛美が並ぶ文章、縄文の文化が現在のアニ…

自民党に対抗すべき政策の政治哲学

自民党一強を何とかすするために野党結集が求められている。そんな中で、最近、民主党が維新の党が合流の動きや共産党が参議院選挙で一人区の候補者を取り下げなど野党による選挙協力が求められている。 2014年の衆議院選挙で自民党の小選挙区の得票率が…