読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会とサブカル コラムノート

社会哲学と生命倫理を軸に、社会批評とサブカルチャーコラムをただ思うがままに書きたいです。

都知事選挙に関する雑感②増田寛也と鳥越俊太郎編

 前回、都知事選挙に関する雑感で小池百合子のことを書いたが、選挙が終わって4日経つが、シリーズを書いておきたい。」
増田寛也 
 岩手県都知事を3年間勤め、「地方消滅」(中央新書)を書いた人である。選挙では、実務家として評価されつつ、知名度がなく、さらに自民党支持者や公明党支持者が、小池に流れてしまい、179万票以上を獲得するも、敗れてしまう。
 今回の増田側の敗北の要因は、自民党の都連にあるだろう。櫻井俊氏が出馬の意向がないのに、ぎりぎりまでひっぱたり、小池の勝手に出馬宣言して混乱の中で、増田氏に決定した経緯がある。そして増田氏を必死に支えなければいけない選挙活動で、議員、さらに親族も含む者が推薦した候補以外を応援した場合、除名等の処分する都連の通達を出し批判され、石原慎太郎が小池氏に「厚化粧」発言するなど、増田氏への指示が広がらなかった。
 終始、今回の選挙で恥をさらし続けた自民党都連、さらにその選挙での敗北によるダメージは大きいだろう。今回の小池氏出馬の経緯、若狭勝が自民党の通達を破り小池氏を応援するなど、今回自民党参院議員選挙で勝利したが、自民党の党内基盤が揺らいでいないのか、安倍体制に不満を持つ議員が今後出てくるのか、今後の自民党にとって重要なターニングポイントになるのではないかと思う。

鳥越俊太郎
 民進、社民、生活、強酸の統一候補として出馬し、宇都宮健児が出馬を取り消して、鳥越氏の一本化してしまった。今回、民進党は、蓮舫長島昭久の名前も出るも出馬しなかった。石田純一や古賀茂明の名も出るも、参院議員選挙の結果を受けて出馬を決意した鳥越俊太郎が出馬宣言して、野党統一候補として都知事選挙を闘うことになる。リベラル派の受け皿を期待されるも、高年齢で病気持ちであること、発言の安定性の無さ、政策公約の準備不足であることを発言、そして自身のスキャンダルを週刊文春週刊新潮が報じられ、その対応に誤り支持が伸びなった。さらに石原氏の小池氏に対する「厚化粧」発言を、鳥越支持者の瀬戸内寂聴が小池氏を「厚化粧」という発言するなど、支持者も足を引っ張ってしまった。その結果、小池氏にダブルスコアを付けられ、134万票しか獲得できず敗北した。
 週刊誌のスキャンダルに関しては、鳥越は刑事訴訟することを訴えたが、私の持論はそのスキャンダルを認めて、その問題は当事者同士で解決済みであることを主張して、堂々としていれば良かったのではないかと思う。ジャーナリストとして、他の選挙候補がスキャンダルが報じられたときに、質問するというのは行動原理として鳥越氏は分かっていたはずである。こうしたスキャンダルに対して、解決済みであることを主張して、刑事訴訟しなければ印象が違っていたのかなと思う。
 今回の野党統一を候補の敗北受け、民進党内が内紛しており、とてもじゃないけど、自民党政権に対決する勢力になりえないだろう。自民党公明党主義主張は異なるけど、お互い妥協しながら政権を運営してきた。
 どんな選挙制度を導入するにしても、複数の政党の協力は必要不可欠である。民進党はじめ野党には、安倍憎しだけでなく、政策論争を行い、考え方が異なる政党でも、コミュニケーションを通じた妥協し、政治を動かす方向に向かってほしい。
 また野党の支持者やリベラル派は、今回の選挙を反省し、自分たちの内部を鍛える言論を行い、次回の選挙を目指して頑張ってほしい。

広告を非表示にする