スグルのメモ帳(私って何―自己と社会を知りたい―)

自分の知識を使いコラムを通して、自分と社会を知っていくためのメモ帳です。

はてなブログを書き続けた約1か月とその感想

私はここ4週間ぐらい、はてなブログで記事を更新し続けている。
きっかけは、この記事にも書いたがとある推しの方に応援されて、その頑張っている姿に感化されたからである。
私は、はてなブログは2015年10月から2016年3月にかけてやっていたが、学生を卒業してまったく書かなくなった、書けなくなった。もともと評論活動をしてみたい、学生卒業後も評論活動を通して勉強したい気持ちもあってブログを作ったが、どこか書く気力はなくなっていた。
何回か、ブログ記事にしたいことはあったが、筆が進まず、7年くらい放置していた。私の非常勤講師の書いた文献の感想をはてなに乗せたこと、某アニメを応援するために、更新したことはあるが、それも書き続けることができなかった。

そう思うと、とある推しの方にラジオで自分の辛いことをお便りして、その方に応援されたこと、その方が活発に活動している姿を見ることがなければ、私がここ4週間くらいブログを書き続けることはなかったと思うと一つの転機でした。本当に、ありがとうございました。

私の書いたもの

私の推しである、声優・Vtuberの梓来有未さんと黒井先生を中心にした紹介記事である。
もともと、アニメ大好きから生じて、ミルモでポンの非公式ファンサイトの活動を通して、私は①ファンの人と知らない人が共有・共感できる場所を作りたいこと、②公式さんに自分たちの思いを届けたいという二つの思いを持っていて、自分もそうした活動をしてみたい気持ちがあった。
これは上手く言った部分とあまりうまくいかない部分もあり、難しい所だ。ちなみに②については本人様に届いて、私も記事を書いて良かったと思う部分と、①はアクセス数が良くなく、まだまだ実力不足だなと感じています。
本当に、人に見てもらうことは難しい。もっと詳しく述べるが、検索からブログへのアクセスが少ないのである。
7年前、学部時代に書いたレポートをそのままブログ記事にしたこともあるが、その時でもアクセス数は10くらいはあったが、今は記事を書いても簡単に見てもらえないことを実感しました。

作品や声優やVtuber記事は、私の最推しである梓来有未さんと黒井先生のことしか上手く書くことができないと感じた。書いていても、もちろんその方への感謝の気持ちを込めて書いているが、表面的というか、書き手の熱量の差を感じてしまい、その難しさと自分の表現力の課題が分かりました。

もう一つは自分の学んだ知識を活かした時事問題だが、時事問題の記事を書いたが、あまり書くことができなかった。
一応書いたのが4つ
東京工業大学の女子枠に関する雑感 - スグルのメモ帳(私って何―自己と社会を知りたい―)

富良野市議会の「蛇神ちゃんドロップキックX」の内容巡り、一般会計決算を不認定になったニュースの雑感 - スグルのメモ帳(私って何―自己と社会を知りたい―)

検索に関する雑感 - スグルのメモ帳(私って何―自己と社会を知りたい―)

「オウム真理教」の解散命令請求 記録廃棄というニュースの雑感 - スグルのメモ帳(私って何―自己と社会を知りたい―)

一番書いていて、楽しかったのは邪神ちゃんの件だなと思う。
事実を抑えて、自分の価値観を使い、考え方を広げるような評論を書いていきたいと思っている。
また「オウム真理教」の解散命令請求 記録廃棄のことは、休職期間中にオウム真理教についてまとめたこと、その期間に買った憲法の教科書を使って書きた記事である。

小さな出来事を基礎的な知識を使い、物の事を評論していく活動をしていきたいと思っているが、書きたいと思える出来事がないという私のアンテナが伸びてこなかった。
同時にはてなブックマークで自分のコメント(100文字)に満足してしまい、ブログにするまでにもない事が多かった。

尾辻かな子 on Twitter: "こちらのツイートを撤回します。 殺害予告や脅迫により冷静さを欠いた投稿でした。申し訳ありませんでした。 https://t.co/MZ1WPrBPUp"

謝罪できるのを褒められるって、褒めることないの裏返しでは? ジェンダーにしろ、フェミニズムにしろ、焦りを感じて空回りしていますよね。真面目に政治経済の中で勝負すればいいのに、知識がないからできない。

2022/12/02 16:28

このことについては、これ書くことことないし、誰かを強く批判して記事をのばすことしたくないですね。
ちなみに、私はアンチフェミニズムではない。ブックブックマークやTwitterフェミニストフェミニズムの批判することはあっても、女性の人権向上や男女平等などは大切な社会課題だと思っている。
フェミニズムに批判的ななのは目的でなくその手段であり、多くの人との妥協しながら共通認識をつくりながら合意を作りながら社会を変えていいかなければならないのに、その手間を省いていることに批判的にコメントすることが多い。

三ツ矢雄二「“声優は裏方”という根本に使う側が戻ってもらいたい」 相次ぐ声優の体調不良、業界を変えるには“ブームの終息”が必要?(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

日本のタレント自体がマルチに活躍して、それを自己表現しているので、難しいのでは。あとはBIによる生活の保障化もしくは35〜40時間以内の活動していくように管理するかなど考えられるが難しいか。

2022/11/30 16:37

このコメントに関しては、アニメや声優の業界および労働法のきちんと体系とした知識がないことや制度や政策に言及できる知識がないため、ブックマークのコメント以上のことしか言えないので、深堀出来ないのですよね。
評論記事は事実を踏まえて、少し基礎知識をプラスした評論を心掛けたいと思うので、自分の曖昧で自信のないものへの言及は避けたいと思い、ブログ記事にすることができないため、評論活動する上での難しさと実力不足を感じる。

いずれにしろ、私自身の時事への探し方と感心が薄く、今週は1本書きたかったが、はてなブックマークのコメントで満足してしまい、ブログ記事化することができませんでした。今後、週一本をめどに記事を書いていきたいという目標にして頑張りたいですね。

はてなの長所

はてなを利用してよいと思ったところは編集のしやすさ、リンクの貼り付けの種類が選べて簡単、文字の色や大きさやアンダーラインを追加できる部分である。
それは歌ってみた動画の記事だったのですが別メディアで転載した時、そこはリンクの貼り方が少しめんどくさく、文字の色や大きさやアンダーラインを使えず、不便を感じました。*1
日常使いするならば、そして歌ってみたや作品感想で細かい表現をこだわりたいならば、はてなブログはとても優秀なブログサイトであると認識しました。

自分の課題

私のブログを更新していて感じたことは、購読者数が増えなかった。書いているカテゴリーが分かりづらい雑記ブログ戦術が悪いの第一の理由である。
だが、思ったより、アクセス数が伸びず、購読者数も伸びなかったのも実感として感じる。*2お題記事も日常系記事はあまり、得意ではないため、はてな向けに記事を書けていないのも自分の課題である。
Twitterから人は入るがその次の日にアクセスされない、検索サイトからブログへのアクセス数はほとんどない。
改めて、人に見てもらうことの難しさと人に見てもらうための文章力向上の自己研鑽が必要だと感じました。

最後に

これで毎日更新をやめて、土日に記事を2~3本を上げられるように、そして文章の質を向上させて、多くの方に見てもらう努力をしていきたいです。
私が学生時代はてなブログを読んでいた、Rootport先生のように面白いことをかけて、少しは文章によって収入を得ることが夢だった。
それでも、夢を追うしかない。/2016年の挨拶とブログ書籍化のお知らせ - デマこい!

社会人になって書く気力がなかったが、今は昔見たい以上に書きたい気力と勉強した積み重ねてきた知識を持っている。
Rootport先生や評論家の宮崎哲弥さんのように、文章で仕事に辿り着くには狭き道であるかもしれない。だが幸いにして、私は文章書くことや勉強ことの時間を確保できるので、私の2023年の目標はもう少し評論活動を通して、読んでもらえるブログを目指したいです。
自分の興味関心の守備範囲を広げること、もっと勉強して知識を身につけること、この4週間くらいの経験を活かしてもっとはてブロライフを楽しみたいです。

*1:その媒体では、太文字と""(ダブルコーテーション)を使い、ごまかしました。

*2:2022年12月3日の時点で読者数98人だが、ここ1か月の読者登録されたのは9名だけである。

VtuberのZOOMイベントチケット(今年買ってよかった2022)

今週のお題「買ってよかった2022」

私は自分の好きなVtuberとお話しできる機会ができた。
ADHD先生黒井さんという発達障害の情報や自分の経験を話す活動しているVtuberだ。
自分が発達障害を診断されて、発達障害YouTubeで動画を探している時に出会ったのが、黒井先生だった。
黒井先生のイベントは、黒井先生と黒井先生ファン十数人の方と1対複数という形で行われた。
機械音痴だった、私はマイク機能を上手く使えずにチャットのみ参加だったが、何回か参加するうちに黒井先生と対話する方法が分かり、ZOOM越しに会話することができた。
引き籠り気味だった私は、黒井先生のZOOMイベントに参加して、話を聞いたり、会話したりすることはコミュニケーションする喜びを感じることができる数少ない機会だった。

この経験は2022年の中で、自分の買ったものの中で学びを得ることができた。
多くの人が推しのイベントに参加したり、ZOOMを通して会話するイベントに参加したりする理由が分かった気がする。

自分の好きなVtuberとの話すことができる空間と経験を買うことは、楽しい思い出になること。
決められた時間以上に濃厚な時間を過ごすことができて、推しの話を相槌を打ちながら聞けて、推しと会話できて、幸せです。物を買うことでなく、事を買う消費をすることはそのVtuberが初めての出来事でした。
そして、その推しをもっと応援したくなって、もっと自分が頑張る活力になりました。

2022年、今年買ってよかったことは、ZOOMイベントのチケットを買って、そのイベントに参加できたことである。
そのイベントの参加は、楽しい時間を過ごし、自分の活力にすることができた、かけがえのない経験をすることができました。

梓来有未さんの演技(【ハロ/ハワユ 編】)

先日、私の書いた梓来有未さんの歌ってみた動画の感想を記事にしてみた。
おかげさまで、多くの方に見てもらいました。ありがとうございます。

とはいえ、まだまだ多くの人に見てもらいたいと思い、私が書いた梓来有未さんの歌ってみた動画の感想 - 私って何―自己と社会を知りたい― の記事をそれぞれ一つの「歌ってみた」動画の記事に加えて、チャンネル内にある動画と配信から、その「歌ってみた」動画に関係しているエピソードをあげて、梓来有未さんのことを紹介したい。*1

ハロ/ハワユ

www.youtube.com

梓来さんのやさしい人柄のような優しく囁きながら、その声にどこか寂しげな切ない社会人女性が歌っているように感じる。
梓来さんは役者の前に看護師をやっていたり、役者になった後も様々なアルバイトを経験している。
役者が生計を立てるためにアルバイトするのは、当然であるが、梓来さんが経験してきた仕事の苦労と疲労を滲み出ている。(『もう口癖になった「まぁいっか」』や『そりゃまぁ私だって自分に期待などしていないけど』、『なぜ隠してしまうのですか 笑われるのが怖いですか』という歌詞の歌い方のニュアンスなど)

「ハロ/ハワユ」を聞いていると、梓来さんの内面的なネガティブで繊細な性格だが、それでも、梓来さんがポジティブなのは他者への優しさ、慈愛によって形成されていると思った。(偶然か、『私のネジを誰か巻いて』という歌詞と歌い方が、ファンの応援が梓来有未の原動力になっているように感じた。)

大人の女性を魅力的に演じることができる

梓来さん普段、153㎝と小柄な女性で、配信中の配信がいつまでの少女の心を忘れていない、明るく元気な女性声優であるが、歌ってみたや演技では大人女性としての魅力を見ることができる。

ハロ/ハワユの動画直後にシチュエーションボイスでは、梓来さんんによって発せられるボイスは、仕事に疲れた心を癒して、自己を肯定感を高めてくれる。
www.youtube.com

また、ボイスサンプルの無口なヒロイン(1:25~)、カウンセラー募集のお知らせ(3:26~)、化粧水の架空CM(3:52~)などで、多様な大人のお姉さんの演じている。

www.youtube.com

梓来有未さんのボイスサンプル感想その①―演技の感想は難しい― - スグルのメモ帳(私って何―自己と社会を知りたい―)

梓来さんは少女の心をいつまでも忘れていない、明るく元気な女性だ。声優さんは、自分より年齢が低い女の子を演じているため、少女の心を忘れず、その梓来さんの姿を見ているのはファンの一人として楽しい。
一方、演技面では、きちんと梓来さんの人生の中で積み重ねた苦労、それを乗り越えてきた強み、他人への優しさが詰め込まれている。
ハロ/ハワユ歌ってみた動画を聴くと、梓来さんの大変なことを乗り越えた経験してきた立派な大人の女性ということが伝わり、それが誰かの背中を押してくれる梓来さんの声優としての可能性を秘めている。

*1:ブログ自体、長文自体が読みにくいと思い、タイトルごとに紹介して、短い記事をつくりたいとおもったから。

梓来有未さんの演技(【ナメツキー行進曲 編】)

先日、私の書いた梓来有未さんの歌ってみた動画の感想を記事にしてみた。
おかげさまで、多くの方に見てもらいました。ありがとうございます。

とはいえ、まだまだ多くの人に見てもらいたいと思い、私が書いた梓来有未さんの歌ってみた動画の感想 - 私って何―自己と社会を知りたい― の記事をそれぞれ一つの「歌ってみた」動画の記事に加えて、チャンネル内にある動画と配信から、その「歌ってみた」動画に関係しているエピソードをあげて、梓来有未さんのことを紹介したい。*1

ナメツキー行進曲

www.youtube.com

ウマ娘のオタクである梓来有未さんのモノマネしながら歌ってみた動画である。
本動画の説明にあるが、メイン音声を一本撮りしていて、梓来さんの肺活量の凄さを感じた。

萌え声で『はちみー、はちみー』の繰り返しで、聞いていると思わず口ずさんでしまくらい、楽しい。
何か嫌なことがあったときにいて、そのことを忘れることができるくらい、どの『はみー』、『あがー』のアクセントが好きの発音が綺麗で、聞いていて心地が良く、何もかもどうでもいいやという気分になる。
ラスト、1:46と2:35あたりのメイン音声とセルフコ―ラスがどっしと壮大な編集で、聞きごたえがあるところだ。

ウマ娘大好き娘

梓来有未さんは、ウマ娘が好きである。自身の動画でトウカイテイオーのモノマネを披露したことがある。
www.youtube.com

また、梓来有未さんのチャンネルの一番人気動画、ウマ娘ガチャを回している梓来さんの様子を『Adobe』さんに日本語翻訳してテロップつけて、その様子を動画にしている。
www.youtube.com

キタサンブラックを迎えた時に喜ぶ、梓来さんの可愛い笑い声は癒される。梓来さんのキタサンブラックに喜び高揚して『可愛い』と言っている様子は、『Adobe』による正確に翻訳できずに誤字になって、AIを困惑させるくらい、ウマ娘愛に溢れている。

ぜひ、ウマ娘を愛に溢れる梓来有未さん動画を見てから、『ナメツキー行進曲』を聴くとより楽しく聴くことができるだろう。

*1:ブログ自体、長文自体が読みにくいと思い、タイトルごとに紹介して、短い記事をつくりたいとおもったから。

梓来有未さんの演技(【うっせぇわ 編】)

先日、私の書いた梓来有未さんの歌ってみた動画の感想を記事にしてみた。
おかげさまで、多くの方に見てもらいました。ありがとうございます。

とはいえ、まだまだ多くの人に見てもらいたいと思い、私が書いた梓来有未さんの歌ってみた動画の感想 - 私って何―自己と社会を知りたい― の記事をそれぞれ一つの「歌ってみた」動画の記事に加えて、チャンネル内にある動画と配信から、その「歌ってみた」動画に関係しているエピソードをあげて、梓来有未さんのことを紹介したい。*1

うっせぇわ

www.youtube.com

普段の配信の梓来有未さんから想像ができない(特に『クソだりぃな』と吐き捨てる歌い方)、「怒」を表現した歌ってみた動画。
それだけ、何か辛いことを経験してきたこと*2、役者として何十倍の怒り感情に変換しつつ、それでも冷静に音程を忘れず、歌っている。
個人的に好きなところは『うっせ』、「ナ」、「バ」のアクセント部分を、音程を取りながら、吐き捨てながら歌っているところが「怒」の梓来さんのカッコよさが表現されている。

梓来有未さんの演技の広さ

梓来さんの演技は、広く多様な感情を操ることができることに優れている。
「うっせぇわ」の歌ってみた動画は、普段の配信では見ることができない、反抗的で、怒りの感情を乗せた梓来有未をみることができる。
ボイスサンプルの中にも、少年系魔王の演技(0:32秒当たり)の演技は、梓来有未さんの新しい一面をみることができた。
www.youtube.com
人を見下したセリフやこの世界がいかにつまらないものであるかのような強者の余裕など、普段の梓来さんの配信から聞くことができない、演技を聴くことができる。

また同じくロリメイドちゃん(3:02~)を演じる梓来さんは、だらしない主人に対して少し怒気が含んでいるが、どこかで憎めない優しさが含んでいる演技を聴くことができる。

ちなみに演技の他にも、V梓来ちゃんの表情は多様な表情を見せてくれる。
例えば、2022年11月25日に行われたポケモン配信のサムネから見ることができる。

www.youtube.com

ちなみに配信内容は学校のチュートリアルとショクリョウをゲット*3するマイペース配信でした。梓来さん曰く、深夜テンションでサムネを作り、「こわくない、平常運転」という趣旨のTweetしたそうだ。*4

梓来さんは多様な演技を状況によって演じ、それはVの活動の中にも活かされ、自身が持つイラスト作成力やパソコン操作力を使い、いろんな梓来有未をみることができる。
私は、梓来さんが声優として、幅広い演技を繰り広げられる日を、期待して応援しています。

*1:ブログ自体、長文自体が読みにくいと思い、タイトルごとに紹介して、短い記事をつくりたいとおもったから。

*2:動画概要欄にて、『昔の職場の上司の顔を思い浮かべながら全力で叫んだ』とある

*3:梓来さんは、爬虫類が好きで、爬虫類系のポケモンパーティを作りたいと考えていた。その時、その爬虫類ポケモンたちのショクリョウとしてワッカネズミをゲット

*4:私は、これが平常運転ならば、精神的に不安な時に、どんなヤンデレなサムネができるのか、怖くなった。